椎間板ヘルニアと腰痛の嘘

この記事は約2分で読めます。
腰痛で腰を押さえる男性

椎間板ヘルニアについて

椎間板とは

椎間板(ついかんばん)ヘルニア。

整形外科さんなどでよく聞く病名ですが、そもそもどのような状態なのでしょうか?

椎間板とは、硬い脊椎骨と脊椎骨の間で、クッションの様な役割をしている軟骨の事です。

そしてヘルニアとは、体内臓器などが、本来の部位からはみ出てしまった状態の事を言います。

飛び出した部分が神経を圧迫している

つまり、「椎間板ヘルニア」とは、椎間板が何らかの原因でつぶれ、中にある髄核が飛び出した状態なのです。

その飛び出した部分が神経を圧迫し、腰痛や足の痛み、しびれなどの症状が起きているというのが、「椎間板ヘルニア→腰痛」の理論でした。

本当に椎間板ヘルニアは腰痛の原因なのか

多くの矛盾する事実について

ところが、

・画像診断上はヘルニア(突出部)があるのに、無症状の人がいる

・逆に、画像診断上はヘルニアがないのに、腰痛症状のある人がいる

・ヘルニア部分の大きさと症状の強さが比例しない

・手術で椎間板ヘルニアを切除しても、数年後の状態に差が無い

などの、これまでの理論とは矛盾する事実が判明してきています。

これを、どう解釈すれば良いのでしょうか。

まとめ

椎間板ヘルニアは、腰痛の原因としてメジャーな病名です。

しかし、今まで常識だと思ってきた、「椎間板ヘルニア→腰痛」の理論は果たして本当なのでしょうか?

どうも、100%正しいとは言えないのかもしれませんね。

次回は、「腰痛とストレスの関係」についての記事を書こうと思います。

良かったら、お読みくださいませ。

店主 西田稔生