漢方生薬 ~桂皮のおはなし~

この記事は約2分で読めます。

 

桂皮スティック

冷え症の方にはつらい季節がやってきました。

冷えの症状は全身の機能を低下させ、免疫力の低下や血流不全などの様々な病気の原因となります。

身体を温めることを意識して毎日を過ごすことが大切ですね。

今回はこれからの寒い季節にぴったりの生薬「桂皮」についてのおはなしです。

 

「桂皮」はクスノキ科トンキンニッケイやその他同属植物の樹皮を乾燥したもので、その効能は

1、発汗解表作用(体を温め、皮膚血行を良くして発汗する。)

2、血行を良くし四肢頭部を温め、痛みを治す。

3、血行を良くし、駆瘀血作用を助ける。

4、血行を良くして利尿作用を助ける。

が挙げられます。

スーパーのスパイスコーナーにも「シナモン」としてあるので手軽に使うことができますね。

但し冷え症の人でも、ほてり・イライラ・目の充血・喉の痛み・ニキビ・発熱・炎症などの症状があるときは、温める食材を取ると悪化させることもあるので注意が必要です。

 

では、桂皮(シナモン)を使った血行を良くするお茶を紹介します(*^_^*)

ティーバッグにシナモン4gと刻んだなつめ20gを入れ、水3カップで約20分間弱火で煮出します。

お好みで塩を少量加えて味を調えてたら出来上がり!

生理痛にも効果がありますので、お試し下さい。

手間をかけず、桂皮をそのまま口に入れガムのように含まれて取り入れてる方もいらっしゃいます。

いろいろな方法で体の中から温めていく生活をこころがけ、冷えに負けない体づくりをしていきましょう。

 

村上清美