原因不明の全身湿疹が漢方薬治療3日でほぼ改善 大阪府八尾市

この記事は約2分で読めます。

 原因不明の異常な痒み

患者様は、大阪府八尾市の30代の女性。

今年の7月半ばぐらいから、手と足の甲に原因不明の痒い湿疹が出始めました。

一週間ぐらいすると、肘と膝にも広がってきます。

そして、8月のお盆前ぐらいには、異常な痒みを伴って、急激に全身に広がってしまいました。

 

病院さんに入院してステロイドや抗アレルギー剤の点滴を受けるも、異常な痒みは全く治まらず。

別の病院の皮膚科さんにかかってみても、同様の治療で効果なしだったそうです。

西洋医学ではこれ以上はできる事は無いと言われて、当巡心堂にご来店されました。

 

大阪府八尾市の患者様の全身湿疹の漢方薬治療症例の写真

 煎じ薬で劇的に改善

お話を聞いてみると、お盆前に湿疹が急に酷くなってから、食欲は無いのに体重が2kgも増えたとのこと。

水分代謝の異常が関係しているようでしたので、皮膚を治しつつ水分代謝を改善する煎じ薬をお渡ししました。

 

すると煎じ薬を服用し始めてから三日目に、大量に排尿があり、体重も2kg減って元に戻ったそうです。

そして全身を覆っていた湿疹は、足先だけが痒い程度にまで劇的に改善しました。

 

しかしここで、別の病院から、何かの薬が原因の湿疹かもしれないから、全ての薬を一度止める様にと言われてしまいます。

湿疹が出る前には、ビタミン剤と整腸剤ぐらいしか飲んでいなかったというのに・・・

 

このまま煎じ薬を続ければ、ほぼ間違いなく完治までスムーズに行っていたと思われる、やや残念な症例でした。

しかし、ここまで改善していれば、おそらく徐々に治っていくだろうと思います。

原因不明の疾患を含めて、皮膚疾患でお困りの方はぜひお早めに巡心堂漢方薬局までご相談ください。

 

店主 西田稔生