膝・腰・背中などの痛みが漢方薬で2ヶ月で改善

この記事は約2分で読めます。
桜

 膝や腰、背中の痛みと闘う日々

普通に咳やくしゃみがしたい

今回は、大阪府八尾市の70代後半の女性の、痛み治療の症例をご紹介します。

膝や腰、背中などが痛く、歩くときは手押し車を押しながらで、ご苦労されています。

喘息もあり、咳やくしゃみをするだけでも痛いので、何とかこの痛みを楽にして欲しいとのこと。

CMの薬も、病院の薬もダメだった

よくCMで見かけるような、痛散湯やリョウシンJV錠は、服用してみたけど効かなかったそうです。

病院でもらった、西洋薬の痛み止めも、胃が悪くて飲めません。

聞けば、ご主人さんの介護のストレスが強いとのこと。

おそらくその辺りも痛みに関係するだろうと思い、自律神経のバランス改善も考えて漢方薬をお出ししたのが、今年の1月ごろでした。

 漢方薬服用2ヶ月で痛みが大幅改善!

咳やくしゃみをしても痛くない!

最初は効き目が弱かったのですが、1ヶ月ほど続けていると、徐々に効果が現れ始めました。

2ヶ月経つ頃には、

「大きなくしゃみや咳をしても、背中が痛くなくなりました!

との嬉しいご報告が。

私達は日常生活で何気なく咳やくしゃみをしていますが、これらが全て痛みに繋がっていたとしたら、どれだけ大きなストレスでしょうか。

まとめ

今回の様に、元から治していくタイプの漢方薬の場合、効いてくるまでに少々時間がかかる事があります。

もし、効き目が弱いからと一か月でやめてしまっていたら、今の快適な状態にはならなかった事でしょう。

もちろん、服用して20分ぐらいで効いてくる漢方薬もあるのですが、やはり漢方薬と一口に言っても様々なタイプがあるのです。

元から治していくタイプの漢方薬の場合は、根気よく続けていくのが大事です。

自己判断で中止してしまうのだけは、もったいないのでおやめくださいね。

店主 西田稔生