子宮内膜症、子宮筋腫、子宮腺筋症が絡む生理痛が一ヶ月で解消 大阪府大阪市

この記事は約2分で読めます。

小道

女性にとって、毎月の月経は憂鬱なもの。

生理痛がひどい方ならなおさらでしょう。

 

 子宮筋腫、子宮内膜症、子宮腺筋症からのひどい生理痛

今回の症例の患者様は、大阪府大阪市在住の40代前半の女性。

大きな子宮筋腫や子宮内膜症、子宮腺筋症があります。

30代半ばごろから生理痛がひどくなり、毎回かなりの腹痛に見舞われてきました。

痛み止めも効かず、深夜に救急車で運ばれた事もあるとのこと。

「スプレキュア」という、女性ホルモンを抑える薬を使った事があるそうなのですが、副作用でうつ状態になってしまったそうです。

今回また婦人科で、「リュープリン」という女性ホルモンを抑える注射薬を勧められたそうですが、副作用が怖くて辞退されました

 

 一ヶ月の漢方薬服用だけで痛みが激減!

巡心堂漢方薬局に来られたのは、2月の終わりでした。

ちょうど生理が終わったタイミングとのことです。

単なる生理痛ではなく、子宮筋腫などが絡んだ複雑な症例でしたので、煎じ薬をお出ししました。

 

そして、一ヶ月漢方薬を服用されて次の生理が終わった頃に来店され、

「痛みが凄く軽くなりました!」

と、嬉しいご報告。

以前はしょっちゅう出ていた血の塊も激減し、とても楽だったそうです。

 

リュープリン注射を辞退されて、本当に良かったと思います。

人工的にホルモンをいじる治療法は、極力避けるべきです。

 

もちろん、漢方薬にはリュープリンのような副作用はありません。

妊娠もご希望なので、この分なら近いうちにご懐妊も有り得るでしょう。

生理痛や不妊症でお困りの方は、ぜひ大阪府八尾市の巡心堂漢方薬局までお越しくださいませ。

 

店主 西田稔生