肛門周囲膿瘍(こうもんしゅういのうよう)・痔ろうの即効漢方薬症例 大阪府八尾市

この記事は約2分で読めます。

川沿いの街並み

 肛門周囲膿瘍(こうもんしゅういのうよう)とは

肛門周囲膿瘍(こうもんしゅういのうよう)とは、肛門周囲の組織内部に膿が溜まってしまう病気です。

患部が化膿していますので、ひどい高熱と激痛に襲われる、辛い病です。

肛門内部の小さな窪みから発生する化膿症ですので、誰もが発症する可能性があります。

これによって肛門内と外皮の間にトンネルが形成された状態を、痔ろうと呼びます。

 

患者様は大阪府八尾市の50代男性です。

過去に二度肛門周囲膿瘍・痔ろうを患い、二回とも肛門科で切開して膿を出してもらっています。

 

「今回は手術したくないんです!」と、巡心堂にご相談に来られたのが、先週のことでした。

 

座り仕事とのことで、肛門周囲の血流悪化が有ったのでしょう。

痛いからと言って休むわけにもいかず、お辛かった事と思います。

ご自分の体質を意識して、食事や運動に気を付けておられたのですが、今回三回目の発症となってしまいました。

肛門科でもらった抗生物質は服用しているが、一向に治りません。

 

そこで、体質などのお話をお聞きし、化膿を抑えて肛門周囲の血流を改善する漢方薬をお出ししました。

 

 漢方薬服用3日間で即効あり!

そして今週になって再来店され、

「漢方薬を3日服用したら、膿が体外に出てとても楽になりました!」

との嬉しいご報告。

 

このスピードには、私も驚きました。

体質にばっちり合った時の、漢方薬の即効性には目を見張るものがありますね。

 

肛門周囲膿瘍や痔ろう・痔でお悩みの方は、ぜひ大阪府八尾市の巡心堂漢方薬局までご相談ください。

 

店主 西田稔生