漢方薬でドライアイ・疲れ目改善のご感想 大阪府大阪市

この記事は約2分で読めます。

現代病「ドライアイ」

スマートフォンやパソコン、テレビなどの電子機器。

今では、一度も見ない日なんてまずあり得ないですね。

非常に便利な物ですが、モニターを見ている間は瞬きの回数が減ってしまい、涙がうまく目を保護できなくなるそうです。

ここで、巡心堂の患者様に頂いたご感想をご紹介します。


以前から目の乾きと疲れで困っていたのですが、ヤツメウナギを飲み始めてからとても楽になりました。

安いし、ずっと続けていきます。

60代 男性 大阪府大阪市


この方の場合も、パソコンを見る時や新聞を読む時、車の運転中などに乾き目と疲れ目を特に感じていたそうです。

目薬でもその時だけは良くなりますが、またすぐ再発するとのこと。

ヤツメウナギ肝の油が効く

この患者様におすすめしたのは、八つ目製薬のヤツメウナギ肝の油でした。

八つ目製薬の八つ目ウナギキモの油の写真

「八ッ目製薬の八ッ目鰻キモの油」 税込み3240円。

小さな球状のカプセル剤です。

1日6球服用で、これ1缶で50日分になります。

計算してみると、1日分65円と、とてもリーズナブル。

私も目が疲れた時に服用していますが、2~3日続けて服用すれば、ドライアイや疲れ目が楽になるのが実感できますよ。

眼球表面の脂分がなくなってしまうと、すぐに水分が蒸発してしまいます。

それを、脂分でしっかりと保護する事で、ドライアイなどの症状を改善していくことができるのです。

ちなみに、カプセルをプチっと噛んでみると、中から香ばしい魚の油っぽい匂いがします。

ドライアイや疲れ目でお困りの方は、ぜひ当店までご相談くださいませ。

店主 西田稔生