男性更年期障害(LOH症候群)とは

この記事は約2分で読めます。
曇り空

男性にも更年期障害がある

LOH症候群とは

「更年期って女性だけじゃないの?」

という認識が一般的かもしれませんが、実は男性にも更年期があります。

「加齢男性性腺機能低下症候群(LOH症候群)」が正式名称の男性更年期障害。

原因は、男性ホルモンである「テストステロン」の加齢による低下です。

症状としては、

・疲労倦怠感

・記憶力の低下

・不安やイライラ

・うつ状態や不眠症

・自信の喪失

・関節や筋肉の痛み

・性欲と性的能力の低下

などがあります。

女性の更年期と共通する部分も多いですね。

特に、精神症状(うつ、不安、イライラなど)と男性更年期障害との関連性が分かりにくいので、注意が必要です。

精神科や心療内科で、うつ病の薬をもらっても、改善しないでしょう。

40代以上の男性はご注意を

男性ホルモン(テストステロン)のレベルは個人差が大きく、一般的に40代で低下し始めます

仕事や家庭での責任・ストレスが、重くのしかかってくる年代でもありますね。

ストレスも、男性更年期障害を悪化させる一因となっています。

ストレスが多い場合、もっと若い年齢で発症する事もあります。

「調子が悪いけど、病院では特に悪い所は無いと言われるし・・・」

という時は、男性更年期障害(LOH症候群)を疑ってみるといいかもしれません。

血液検査で、男性ホルモン(テストステロン)の濃度を検査する事もできます。

基本的に、私も含めて男性は、他人に相談することが苦手だと思いますが、「ひょっとして更年期かな?」と思ったら、是非お気軽にご相談くださいね。

お待ちしています。

店主 西田稔生