更年期障害と女性ホルモン

この記事は約2分で読めます。
悩む女性

 更年期障害の症状

・急に汗が出る(ホットフラッシュ)

・のぼせ、ほてり

・イライラ、不安感

・疲れ易い

・めまい、耳鳴り

・腰痛、肩こり

・肌の乾燥

・尿トラブル

など、個人差はありますが、更年期障害になると様々な症状が出てきますね。

この原因は、一体何なのでしょう?

 更年期障害の原因

通常は、脳からの指令によって、女性ホルモン(エストロゲン)が卵巣から分泌されます。

しかし、更年期を迎えて卵巣機能が低下してくると、脳がいくら指令を出してもエストロゲン分泌量が不足してしまいます。

この状態を脳が感知して混乱し、自律神経失調症の様な状態になったのが更年期障害です。

症状を見てみると、確かに自律神経失調症の症状に似ていますね。

 更年期障害の治療方は?

薬による治療法

足りなくなった女性ホルモンを補えば症状は軽くなっていきますので、婦人科さんでは、よくホルモン補充療法が行われています。

足りなくなった女性ホルモンを薬で補ってやる治療法です。

食事療法

女性ホルモン様の物質は、食事からも摂取可能です。

食事療法としては、女性ホルモンの様な働きをしてくれる、「大豆イソフラボン」などの栄養素を摂取する事を心掛けると良いですね。

巡心堂では、「プエラリア」という大豆より強いイソフラボン効果を持った植物のサプリメントをおすすめしています。

自然のものなので、医薬品とは違って安心です。

女性ホルモンが増えて、美容にも良いとなかなかの評判です。

店主 西田稔生