舌痛症が漢方薬治療で完治 大阪府東大阪市

この記事は約2分で読めます。

青空

舌痛症で長年お困りだった東大阪市の70代女性から、ご感想をいただきました。


長年悩んでいた舌の痛みがほぼなくなり、ますます口がよくまわるようになりました。

 

ありがとうございました。

また、ちょくちょく寄りますね。

 

70代女性 Y.Mさん


ご感想ありがとうございました!

とても話好きな方で、いつも楽しいお話を聞かせてくれます。

 

「私はムクチ(六口)」

 

だそうです。(笑)

 

有名病院の歯科・口腔外科でも相談・治療をされたのですが、「全く効果なし」だったそうです。

現代医学では、舌痛症は「原因不明」となっています。

 

舌の左側がただれたようになって痛く、まれに右側も痛くなります。

ベーチェット病の可能性も疑いましたが、どうも違うようです。

しゃべって舌が歯に当たると痛いが、物を食べたり飴をなめたりしていると、痛みが和らぎます。

 

 半年の漢方薬服用で舌痛症完治!

来店されて最初の数か月間は、なかなかうまく痛みが取れませんでした。

しかし、試行錯誤しているうちに徐々にピントがあっていき、

 

「この前もらったの飲んだら、痛みマシになってきたわ」

 

と言ってもらえるように。

 

その漢方処方で固定して、半年ほど続けてもらった所で、ほぼ痛みがなくなりました!

今は舌痛症完治して、巡心堂の漢方薬もご卒業されています。

 

お友達グループで旅行に行くのがお好きな方です。

多分、ものすごく賑やかなんだろうなと、つい想像してしまいます(笑)

舌痛症でお困りの方は、ぜひお早めに大阪府八尾市の巡心堂漢方薬局までご相談くださいませ。

 

店主 西田稔生