頭皮のスキンケアと過剰シャンプー

この記事は約2分で読めます。

ドラッグストアなどの棚には、とても沢山の種類のシャンプーが並んでいますね。

皆さんは、どれぐらいの頻度で髪の毛を洗っていますか?

 

本来、とても優秀な人間の皮膚。

邪魔者扱いされがちな「皮脂」さえも、ちゃんと意味があって存在しています。

 

例えば雨が降っても、いつのまにか道路は乾いていますね。

水分だけでは、いずれ蒸発してしまいます。

 

人間関係がうまくいかない間柄を「水と油」といいますが、まさにその「混ざり合わない」事が重要で、皮脂は肌表面に水分を保持するための「膜」を作ってくれています。

 

もし洗い過ぎて皮脂を完全に除去してしまうと、肌はすぐに乾燥してしまい、様々な外的刺激にも弱くなります。

 

「でも、洗わないとベタベタするし、痒くなる」

 

・糖質や脂質の多い食生活

・慢性ストレス

 

などの影響もあるのですが、長年皮脂を洗い流し過ぎていると、体がその状況に適応し、過剰に皮脂を分泌するようになってしまいます。

これはもちろん、顔や全身の皮膚も同じです。

 

一般的に、

日本人は欧米人よりも、

女性は男性よりも、

年齢を重ねていくと、若い人よりも、

皮脂の分泌は少なくなります。

 

個人差はありますが、30歳以上の女性なら、数日に一回程度の洗髪で十分だと思います。

頭皮のスキンケアまで考えられた、ちゃんとしたシャンプーを使うか、「お湯だけで洗髪」にするとより効果的ですね。

 

プローラシャンプーヘアウォッシュ巡心堂では、アトピーなどの肌の弱い方でも使えるように開発された、ユースキン製薬の「Purola」シリーズを扱っています。

皮脂を落とし過ぎないように、配慮されています。

※ユースキン製薬「Purola」シリーズのサイトにリンクします。

 

 

店主 西田稔生